カテゴリ:植物/静物コース



2020/10/28
10/28の画題は「本のある静物」でした。画集や源氏物語、文学全集等を自由に選んで頂き、まわりにマトリョーシカや果物、つみきなどを自由に組んで描きました。本は重ねたり、トリミングしたり、立てたり、思い思いに描きました。 美しいお花のクッキーの差入れも頂きました。有難うございました。
2020/07/30
7/11(土)風景画コース「京都の柳」、7/22(水)静物・植物画コース「涼しさを感じる静物」で、講座を再開しました。 7/22(水)は、ビール缶やラムネ瓶、軸が竹製のうちわ、藍の葉、季節外れですが講師の庭に咲いたコスモスなどのモチーフを自由に描きました。 fareにある、飛沫感染防止のつい立ても使わせて頂きました。 コロナウイルスの感染防止の為、長期間お休みを頂きましたが、久しぶりに受講生の方々やfareのオーナーさんにお会いし、お元気そうで安堵しました。 お休みの方とは、作画プリントを郵送したり、メールやお手紙でのやりとりもありました。お会い出来なくても、言葉を交わして元気を頂きました。 そして、講座お休み中に、ご結婚された方も。おめでとうございます! 引越数日前のお忙しい中、講座に来てくれました。 最後にお会いできてよかった〜。末永くお幸せをお祈りしています。 感染者数が増えていますので、今後もお休みする可能性も考えられます。その際にはまたお知らせいたします。 そして豪雨災害による、被害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申しあげます。一日も早い復興をお祈り致します。
2020/02/27
1/22(水)は「鯛」、2/8(土)は「カトリック崎津教会」、2/26(水)は「皮を剥いたり、切った果物」を描きました。 寒い中ご参加ありがとうございました。 3月の講座につきましては、新型肺炎感染防止に伴い中止します。 再開は4月を予定しています。よろしくお願いします。
2019/09/25
9/25の画題は「鮎」でした。受講生の方がざくろをお持ち下さいましたので、ざくろも添えて描きました。鮎も割と大きいものが手に入り、珍しいざくろも写生できて楽しい回でした。
2019/08/15
6/8(土)「徳川園の池」、6/26(水)「びわ」、7/13(土)「名古屋城」、7/24(水)「サイなどの動物」の画題で講座を行ないました。 講師伊藤は、一ヶ月以上夏風邪をこじらせ、健康が一番大事だなと痛感した次第です。 8/10(土)はお盆のためお休み、次回8/28(水)です。
2019/05/22
5/22の画題は「白い花」。この日suiren始まって以来の大遅刻をしまして、急遽カフェにあった蘭を貸して頂き、スケッチをしてもらって待って頂きました。遅刻の原因は高速道路の工事渋滞でしたが、焦って下道に降りてさらに道に迷うという失態。事前の確認不足で大変ご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。以後気をつけます! 白い花は、蘭の他、ペチュニア・カラー・カサブランカ・日々草・ジニアなどをモチーフに描きました。白い部分は描かずに表現して、うっすらと影を入れました。
2019/05/20
教室再開後、バタバタしておりHPやブログの更新が遅くなりました。講座は変わらず開催中です。3/27「春の花」、4/13「名古屋市市政資料館での現地スケッチ会」、4/24「猫」、5/11「愛知県庁」と「安達太良山」を描きました。 今年度風景画コースでは、名古屋市の『文化のみち』の風景を画題に選んでいます。『文化のみち』とは江戸から大正へと続く近代名古屋の歴史的な建造物を保存・活用されているエリアです。 5/11の風景画コースでは、建物が続いていますので、自然の風景の画題「安達太良山」も用意して、描きたい方を選んで頂きました。
2018/09/26
9/26の画題はコーヒーや紅茶に関係するものを描きました。カップや茶器の形の回り込み、質感や色の表現に挑戦して頂きました。プリントは参考までに、それぞれモチーフを選んで描いて頂きました。 制作後みんなで、教室作品展の飾り付けをしました。お疲れ様でした。 皆様、ご来場をお待ちしています。
2018/08/22
8/22(水)は、ウェットインウェットの技法を用いた焼き物の静物画に取り組みました。伊賀焼や備前、京焼など様々な茶碗や花瓶を描きました。釉薬の垂れる様、焼き物の色や地肌の表現などに挑戦しました。 ひとつの焼き物をじっと見つめる時間もいいですね。ウェットインウェットは、ある程度効果を予測しながらも偶然性に身を委ねる楽しさもあります。...
2018/05/23
5/23の画題は「金属」でした。金属を描くコツは、反射・映り込み・コントラストを強く描くなどです。鈍い色合いの金属のモチーフ、ガラスとの組み合わせや、細かい模様など、それぞれ挑戦して頂きました。ペン入れまでで時間が来てしまった方も、ペン画として綺麗な絵になっていました。着彩も楽しみです。

さらに表示する